基礎給気口「風樹」

独自の発想で開発された逆止弁が変える床下の常識 基礎給気口「風樹」

一般の床下換気口は常に開放されている状態。せっかく入ってきた空気もすぐさま外へ逃げてしまいます。
風樹 FUJU
開閉可能な給気口!

基礎給気口「風樹」は、回転式ハンドルによって簡単に開閉できるようになっています。開けることにより、床下の風通しが良くなり、熱気や湿気がこもりません。また、気密・断熱性能に優れているため、閉じることで、床下浸水や大雪など自然環境の変化にも対応できます。

冬:給気口密閉時夏:給気口開放時
円形の給気口!

従来の四角い換気口は、基礎の鉄筋を切断して施工されるため、強度が落ち、しかも角部にひび割れが起きやすくなります。基礎給気口「風樹」は円形のため、基礎の鉄筋を切らないのでヒビ割れを起こさず、強度も施工スピードも大幅にアップします。

円形の給気口
断熱材には断熱性・耐水性に優れたEPSを採用!

基礎給気口「風樹」の逆止弁部分の素材は、断熱性・耐水性に優れたEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)を採用しています。
EPSはドイツで生まれた発泡プラスチック系の断熱材で、オゾン層を破壊するフロンガスを使用しておりません。
また、リサイクル可能な素材なので地球環境にも優しい断熱材です。

独自設計の逆止弁構造!

基礎給気口「風樹」は逆止弁構造なので、外からの風に対しては非常に弱い力でも開きますが、入った空気が反対側から出ていってしまうことがありません。そのため、通気工法の利点を最大限に発揮できる空気の流れをつくりだすことができます。

逆止弁構造

逆止弁構造によりもたらされる効果

床下の冷気を利用できる「基礎給気」になる

これまでの床下換気口は、床下に風が進入すると、その通気とともに、床下に蓄えられていた冷たい空気も外に排出してしまいました。基礎給気口「風樹」は逆止弁構造なので、風下の給気口を閉じると、床下の冷たい空気は通気層を通して上方へ送りこまれ、室内空間に広がることにより、爽やかな涼しさをもたらします。

基礎給気口「風樹」の効果を動画で見る

製品仕様

電動開閉式
   

製品に関するご注意点
※取付費は含まれておりません。
※商品の細部仕様については、予告なく変更する事があります。あらかじめご了承ください。
※掲載されている商品の色は、印刷条件などにより実際の色と多少異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。
  • タイトシリーズ 詳しくはこちら
  • 司コーポレーション公式faceboook 詳しく見る

ページTOPへ