換気の考え方 ~健康な家づくり~


下から入れて上で抜くという発想が、自然換気の理想型。

床下に入った空気を棟から排気する、家全体の自然換気。

平成15年7月の改正建築基準法の施行で、住宅の換気システムは一般的になってきました。
しかしながら24時間機械換気等は、ファンの騒音が問題となるケースが多く見られますし、他のシステムにおいても排気口の位置などが原因で熱気や湿気、有害物質などが抜けきらない場合が多く、根本的な問題解決となっていないのが現状です。
そこで私たちが着目したのは「あたたかい空気は上昇する」という当たり前の摂理。住宅の最頂部に開口部を作ることで床下に入った空気は建物全体をめぐり、真上に出ていきます。
そんな理想を追い求め、様々な実験と試作を経て研究開発は進められました。機械の助けは最小限に、あくまで自然の摂理を利用することで実現した棟排気システム
それはまさに「自然換気」方式の理想型。
  熱気や湿気、有害物質を取り除きます。
クーラーを効率良く使用できます。
ダクト配管は不要です。
エアスルーの換気方法「家まるごと換気」

「家まるごと換気」の場合、暖かい空気は上昇するという自然の摂理を利用し、棟から屋根裏に溜まった熱気や湿気をどんどん排出します。

一般的な住宅の換気方法「室内だけ換気」

「室内だけ換気」の場合、屋根裏の熱は排出されないため熱がこもりやすくなります。
そのため、屋根裏に接している断熱材は長期間熱気にふれることで、断熱材自体が暖かくなってしまい、屋根裏の熱を室内に伝えてしまいます。

マンガでわかりやすい「家まるごと換気編」(PDF 1.7MB)
システム概要
  • タイトシリーズ 詳しくはこちら
  • 司コーポレーション公式faceboook 詳しく見る

ページTOPへ