基礎断熱工法 タイト・モールド

基礎断熱の考え方

住宅エコポイント対象製品

「床」ではなく、「基礎」で断熱

基礎の外側でしっかり断熱し、床下に外気温の影響を受けにくい環境を作ります。

自然エネルギーを有効利用することで家の中が暖かく温度差のない快適な省エネ住宅になります

基礎の内側と外側を断熱し凍結深度まで冷気を防ぐ!

タイト・モールドの場合 断熱材で基礎をサンドイッチ

タイト・モールドは凍結深度(土が凍結する深さ)まで断熱するため冷気はコンクリートに伝わりません。基礎の両側を断熱材でサンドイッチすることでさらに断熱効果を高めます。

一般的な基礎断熱の場合

基礎の内側に断熱材を施工する方法は、土の中から冷気がコンクリートに伝わってしまうため、あまり効果がありません。(弊社実施測定の結果)

基礎をまるごと断熱することで太陽熱、地熱の利用は最大限に!

太陽エネルギーの利用:太陽エネルギーを蓄えて放熱する

ダイレクトゲイン

地熱エネルギーの利用:地熱エネルギーを蓄える

地熱エネルギー

比較:床断熱の床下環境

冷気が基礎コンクリートを冷やす

床下に大量のコンクリートを使用するベタ基礎は、外気温からの影響が床下全体に伝わり、コンクリートの性質上、熱(冷気・熱気)は蓄熱されます。その結果、冬は冷気、夏は熱気が床下に長時間滞留することになります。長時間、床下の冷気(熱気)に触れている断熱材は、やがてその影響で冷たく(暖かく)なり、居室内の床に影響が現れます。

一般的な床断熱
外気温5℃の影響を受け、床面、壁面は8~11℃までしか上がりません。

比較:タイト・モールドの床下環境

ポイントは基礎の外側で断熱

基礎の外側で断熱するタイト・モールドの基礎断熱は、床下に断熱材で囲まれた気密性の高い空間を作り出します。そのことにより床下がまるで魔法瓶のような状態となり、地熱を最大限活かし真冬でも居室内の床を暖かい状態に保ちます。

タイト・モールドの
基礎断熱
外気温5℃に対して、床面、壁面ともに18~19℃の暖かさを保っています。

外気温5度。タイト・モールドで施工した住宅と床断熱施工住宅で室内温度の差が出やすい脱衣所の床をサーモグラフィカメラで比較しました。

全ての部屋の温度差が少なく、温度のバリアフリー化を実現!

基礎全体を断熱すれば、居室内の床は真冬でも素足でいられる快適空間になります。冬場に多いヒートショック現象のリスクを軽減するためには、温度差の少ない室内環境が重要です。いまお住まいの住居で暖かいリビングから脱衣所へ移動すると、急激な温度変化を感じたことはありませんか。タイト・モールドで基礎全体をしっかり断熱すると脱衣所の床も驚くほど温かくすることができます。

資料請求

Tel 0278-20-9250

  • エアースルー 詳しくはこちら
  • 司コーポレーション公式faceboook 詳しく見る

ページTOPへ