基礎断熱工法 タイト・モールド

工期短縮

住宅エコポイント対象製品

工期短縮の実現。施工コストの削減にも成功!

タイト・モールドを導入することにより、基礎工事の工期・作業時間の短縮が可能になり、基礎工事全体のコストダウンを実現します。型枠の価格という一部の比較ではなく、基礎工事全体のトータルコストを比較することをお勧め致します。

従来の鋼製型枠とタイト・モールド 施工工程の比較

約12日間の工期短縮を実現!※当社比

型枠の取り外しが不要! 圧倒的な工期短縮を実現

型枠の取り外しが不要なので玄関ポーチや犬走りの打設も同時に完了。また1回打設が可能なのでポンプ車も1回だけで済み、面倒な型枠の片付け作業・運搬もなくなり工期の大幅短縮&コストダウンを実現します。

金物の設置手間を大幅に軽減!

改良を重ねた新しい常識

ホールダウン金物は、高い精度が要求され、設置に大変な手間がかかりますが、タイト・モールドなら、独自の固定部品(写真参照)でコンクリート打設前にしっかり、簡単に固定できます。アンカーボルト設置は、穴を開けた平セパレーターを用い、その穴にアンカーボルトを通し、下部をセパレーターで受けることでしっかり固定することができます。アンカーボルトの倒れや沈みがなく、土台を傷つけることもなく、簡単に土台据えができます。

特許番号3941831
タイト・モールドのアンカーボルト ※写真をクリックすると拡大しますタイト・モールド
一般的なアンカーボルト※写真をクリックすると拡大します一般的な基礎

基礎と土台を結ぶアンカーボルトは、耐震性の要です。アンカーボルトは、位置ズレや傾きのあるままでは土台のボルト穴に通りません。そこで行われるのが、「台直し」です。「台直し」は基礎のコンクリートが固まった後に、アンカーボルトを無理やり曲げて矯正する方法です。一般的に設置不良のアンカーボルトを「台直し」した場合、耐震強度は低下してしまいます。

資料請求

Tel 0278-20-9250

  • エアースルー 詳しくはこちら
  • 司コーポレーション公式faceboook 詳しく見る

ページTOPへ