Voices ~採用の声~

  こだわりのお客様にこそ、こだわりの部材。タイト・モールドだからこそご満足いただけました! 千野裕史様 株式会社ちの工務店 代表取締役社長
タイト・モールドについては実際に使用する以前からカタログなどで知っていました。そんなある日、基礎断熱工法にこだわりを持たれたお施主様からの強いご希望により、タイト・モールドを使用することが決定しました。正直なところ従来の施工方法と大きく異なる工法に当初は不安を感じました。話を聞いてみると現場で作業を行う基礎業者さんも、同じように不安な気持ちを抱いていたようです。しかし、タイト・モールドを希望するお客様のご要望におこたえするため、それがお客様の喜びになる!そう信じて基礎業者さんにタイト・モールドでの施工をお願いしました。
実際に作業をしてみると、タイト・モールドとはどんな部材かすぐに理解できました。現場の作業性のこと、職人さんのことを本当によく考えて開発されていることに驚きました。また、型枠が基礎伏せ図にあわせ、組み立てられて現場に搬入されるユニット方式なので、今回の50坪という大規模な基礎施工を行う上で想像以上の工期短縮へとつながったのです。
こんなエピソードがあります。同業者の方がその施工現場を通り過ぎるとき、ゆっくりと現場を覗き込みながら通り過ぎていくのです。現場も散らからず、見た目もきれいですし、ずいぶんしっかりとした基礎を施工しているな…この施工方法は何だ?と思ったのでしょうね。(笑)
近年、高気密・高断熱の住宅を望まれるお施主様が多いですから、レベル補正などますます基礎の正確な施工が求められています。その点、タイト・モールドはユニット方式で納入されるので現場での組み立て作業も少なく、従来の基礎断熱の施工より高い精度を保つことができます。まだ、触れたことのない業者さんは新しい工法に対して不安な気持ちを抱くかもしれませんが、タイト・モールドによる施工がもたらすメリットに比べ、不安な気持ちなど小さなデメリットですよ。
われわれ工務店にとっては、お施主様にご満足いただけることが大切です。実績こそが一番の営業となり、お客様がまたお客様をご紹介してくれますからね。こだわりのお客様にこそ、このタイト・モールドをぜひ使っていただきたいです。
  • エアースルー 詳しくはこちら
  • 司コーポレーション公式faceboook 詳しく見る

ページTOPへ