住宅の理想的な換気&断熱システム。
暮らしと環境を考える建築資材。

壁断熱パネル「タイト・ウォール」

高い断熱性と耐震強度を実現する壁パネル
タイト・ウォール

タイト・ウォールは高精度加工された壁パネルです。断熱性能はもちろん、面で支えることで耐震強度も兼ね備えることができます。また、取り付けるだけで、筋交い・断熱工事が終了するので、工期短縮につながります。自由設計を実現しながら、長期間優れた断熱性能を保持し、継時変化少なく、施工のバラつきがない安定品質の断熱壁です。

筋違の約4.8倍の強度を実現

従来の木造住宅は、強度を保つために筋違を使用していますが、筋違は、節や材質、接合部など状況により均一な強度が保てません。タイト・ウォールは面材に硬質系の断熱材を貼り、高精度加工された耐震断熱の壁パネルなので、面で支えることで、筋違に比べて約4.8倍もの強度を実現しています。

タイト・ウォールの3大特徴

FEATURE 1

工場プレカットでコスト削減

工場プレカットで施工品質、施工精度が安定します。寸法通りに用意されたタイト・ウォールを、決められた場所にはめ込むだけなのでスピーディに作業が進み、作業開始から数時間で家の形が現れます。現場施工の合理化を実現し、コスト削減にもつながります。

FEATURE 2

環境に優しい断熱パネル

タイト・ウォールは枠組みをなくし、接着剤を使用しなくても接合できるようになっています。解体時の分離分別も簡単で、リサイクルもできるので、人の健康にも、環境にも優しい断熱パネルです。

FEATURE 3

上下の窓枠、妻パネル

タイト・ウォールは面材+断熱材+間柱付きなので、柱を立てたらはめ込むだけの簡単施工です。また窓の上部・下部の妻パネルも、地震の際には、耐力壁として効果を期待できます。

施工の流れ

延床面積:約40坪 / 大工:5人 / 施工時間:1日

1Day  ここまで1日で完了